為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2018年04月20日

百十四銀、ラッピング電車の運行など実施

 百十四銀行は20日、創業140周年記念行事の一環として、香川県を走る高松琴平電気鉄道(ことでん)でラッピング電車を運行すると発表した。
 「百十四銀行140周年バーバパパ号」と銘打ったラッピング電車は、2018年4月23日(月)から約1年間、ことでん琴平線の全区間(高松築港〜琴電琴平)で走行の予定。同社の1100形車輌1編成2両(1101-1102、旧京王電鉄5000系)に、イメージキャラクターの「バーバパパ」をデザインしたラッピングを行う。電車はシートや中吊りなど車内もキャラクターで装飾する。
 今回の運行を記念し、発車式と、期間限定の1日フリー切符の販売が行われる。発車式は2018年4月23日(月)14:30から、ことでん仏生山駅(高松市仏生山町)の3番ホームで行われる。内容は代表者(百十四銀・ことでん)挨拶やテープカット、着ぐるみによるアトラクションなど。この出発式で走行する臨時電車は、一般乗客も乗車できる。
 1日フリー切符については、4月27日から、すでに同社で発売されている「一日フリーきっぷ」を、新たに「バーバパパ」柄でも展開する。発売は17駅ある有人駅と、ことでんの公式ホームページにて。大人1230円(限定7000枚)、小人620円(同3000枚)で、なくなり次第終了。なお、イベントが行われる仏生山駅では、23日13:00から先行販売する。
posted by 為栗 裕雅 at 15:38| 東京 ☀| 百十四 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りそな銀、篠崎出張所を統合

 りそな銀行は20日、江戸川南支店篠崎出張所(東京都江戸川区)を母店の江戸川南支店に統合すると発表した。
 統合の実施は2018年6月18日(月)、営業の終了は6月15日(金)。統合後もATMは引き続き稼働する。

20180420news-2.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 14:52| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百十四銀、高知支店を移転

 百十四銀行は20日、高知支店(高知市)を移転すると発表した。
 移転の実施は2018年5月7日(月)、旧店舗での営業終了は5月2日(水)15時。移転先は高知市本町4-2-44(現店舗西側、朝日生命高知ビル2階)。営業時間やATMの台数、電話番号などは従来どおり。
 移転は新築建て替えのための仮移転。新店舗完成は2019年4月頃の予定。

20180420news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 11:32| 東京 ☀| 百十四 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

みちのく銀、大鰐・小泊で昼休み導入

 みちのく銀行は29日、今年7月に2支店で営業時間を短縮し、窓口営業に昼休みを導入すると発表した。
 営業時間を短縮して昼休みを導入するのは、大鰐支店(青森県南津軽郡大鰐町)と小泊支店(同北津軽郡中泊町)の2店。2018年7月2日(月)から、09:00〜15:00の窓口営業時間のうち、12:00〜13:00を休業する。店内設置のATMについては、営業時間(平日7-21時・休日8-19時)の変更はない。
 みち銀では昨年4月から戸山支店(青森市)で窓口営業の短縮(昼休み)を実施しており、今回の導入で実施店は3店舗となる。

20180330news-3.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:21| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく銀、新城・田名部を支店内支店化

 みちのく銀行は29日、今年9月に2支店を統合すると発表した。両店の統廃合は、近隣の別の店舗内に移転する「支店内支店」の形態で行われる。
 移転するのは、新城支店(青森市大字新城字平岡231-8)と田名部支店(むつ市柳町1-1-8)の2店。移転の実施は2018年9月18日(火)で、現店舗での営業終了は9月14日(金)。移転先はいずれも近隣の既存支店で、新城支店は石江支店(青森市大字石江字江渡8-2)、田名部支店はむつ支店(むつ市中央2-10-1)。支店が移転する形を採るため、顧客の口座番号など取引関係の変更はない。
 みち銀は2018年度から本部機構の改変を行い、2本部15部3室の体制となる。この改変では、店舗・ATMの新設・改廃等を一元的に担う部室として「店舗開発室」を新設。複数部室にまたがっていた店舗開発関連の業務を集約することにより、機動的な店舗戦略を進めていくという。

20180330news-2.jpg20180330news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:19| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく銀行で経営陣交代

 みちのく銀行は27日、代表権を持つ役員の異動を発表した。
 2018年6月27日付で、代表取締役頭取には現専務執行役員営業本部長の藤沢貴之氏(51)が新任される。現頭取の田邦洋氏は取締役会長となり、現会長の杉本康雄氏は相談役(非常勤)に退く。
 この役員異動は、今年6月27日に開催される株主総会の後、取締役会において正式決定される。

藤沢貴之(ふじさわ・たかゆき):1966年8月26日生、青森市出身、1990年3月千葉大学法経学部卒、入行。経営企画部長、古川支店長、人事部長を経て2015年4月執行役員営業本部長兼営業戦略部長、2016年6月常務執行役員、2017年4月専務執行役員営業本部長(現職)。
posted by 為栗 裕雅 at 08:10| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

関西みらい3行、発足でキャンペ定期発売

 関西みらいフィナンシャルグループ傘下で4月に経営統合する予定の、近畿大阪銀行・関西アーバン銀行・みなと銀行の3行は28日、グループのスタート記念キャンペーンを実施すると発表した。
 キャンペの名称は「関西みらいフィナンシャルグループ スタート記念キャンペーン」。実施は2018年4月2日(月)〜5月31日(木)の2か月間。新たな資金で預入できる個人顧客に対し、6か月物の定期預金に年0.301%(税引前)を適用する。1口100万円以上1000万円以内、一人あたりの預入限度額は1000万円まで。窓口で所定のアンケートに記入することが条件。募集総額は各行500億円で、達した時点で取り扱いを終了する。
 キャンペーンの内容は、関西アーバン銀行で最近1年以内に数回実施したものと同様。金利の年0.301%という数字は「みらい」の語呂合わせ。
posted by 為栗 裕雅 at 22:34| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

埼玉りそな銀、狭山一番街を統合

 埼玉りそな銀行は23日、狭山支店狭山一番街出張所(埼玉県狭山市)を母店の狭山支店に統合すると発表した。埼玉りそなでの営業店統廃合は、2012年6月の池袋東口支店以来、6年ぶり。
 統合実施は2018年6月18日(月)で、最終営業日となる15日(金)は15時で窓口・ATMとも営業を終了する。18日以降、キャッシュコーナーは店舗外ATMの「入間川出張所」として営業する。

20180323news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 10:35| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

りそな系5行、ネットバンキングで振込手数料優遇

 りそなグループ5行(関西アーバン銀行とみなと銀行を含む)は16日、インターネットバンキングなど個人向けダイレクトサービス利用によるグループ内の振込について、手数料の優遇を行うと発表した。
 優遇の開始は2018年4月16日(月)。5行間の振込は、これまで「他行あて」となっていたものが、自行あての扱いとなる。旧来のりそなグループ3行(りそな・埼玉りそな・近畿大阪の各行)から、新しくグループに加わる関西アーバン・みなと2行への振込は、個人チャネルに限り、インターネットバンキング・テレフォンバンキングとも無料化される。
 関西アーバン・みなとの2行から、りそなグループ5行あての振込は、自行あての振込と同じ料金体系となる。旧三井住友系の2行は有料で、関西アーバン発の3万円未満の振込が216円から108円に下がるなど。2行が実施している三井住友銀行あての手数料優遇は、当面継続される。
posted by 為栗 裕雅 at 07:57| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

りそな銀、「セブンデイズ」を上野に開設

 りそな銀行は14日、東京東部最大のターミナル駅である上野に、年中無休店舗「セブンデイズプラザ上野マルイ」を開設すると発表した。
 開設は2018年3月17日(土)。正式名称はセブンデイズ支店上野マルイ出張所で、セブンデイズ支店母店の出張所としては2店目となる。所在地は台東区上野6-15-1、上野マルイ3階。ATMはマルイ地下2階に設置される。
posted by 為栗 裕雅 at 10:01| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)