為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2020年04月03日

みちのく銀、3店を事実上統合

 みちのく銀行は3日、2020年9月に3店舗を支店内支店方式で統合すると発表した。
 近隣他店舗内に移転する形で統合となるのは、青森南支店イトーヨーカドー青森店出張所(青森市)、金木支店(青森県五所川原市)、湯川支店(北海道函館市)の3店。まず、9月7日(月)付でイトーヨーカドー青森店出張所を青森南支店(青森市)へ移転、次いで9月14日(月)付で金木支店を五所川原支店(五所川原市)へ、湯川支店を柏木町支店(函館市)へ移転する。統合による支店名・店番・口座番号の変更はないが、電話番号をはじめ連絡先は、移転先=統合先のものに変更される。
 旧店舗へのATMの残置については発表されていない。

2020年9月7日(月)移転(現店舗の営業終了:9月4日(金)15時か)
・青森南支店イトーヨーカドー青森店出張所(青森市浜田1丁目14-11 イトーヨーカドー青森店内)
  移転先:青森市緑3-9-1(青森南支店内)
  新電話番号:017-776-1221(青森南支店)
2020年9月14日(月)移転(現店舗の営業終了:9月11日(金)15時か)
金木支店(五所川原市金木町朝日山188-1)
  移転先:五所川原市字本町50(五所川原支店内)
  新電話番号:0173-35-2101(五所川原支店)
湯川支店(函館市湯川町3-40-1)
  移転先:函館市柏木町11-38(柏木町支店内)
  新電話番号:0138-55-9821(柏木町支店)
posted by 為栗 裕雅 at 22:56| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

みちのく銀、青森銀行とATM無料提携

 みちのく銀行は21日、青森銀行とのATM手数料無料提携を決定したと発表した。実施は2020年7月頃を予定、対象取引はキャッシュカードによる支払と振込。
 今回の提携は、昨年10月に発表された両行の包括提携の一環。
posted by 為栗 裕雅 at 13:46| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

みちのく銀、オンラインサービスを休止

 みちのく銀行は23日、2020年1月13日(月・祝)にATM等の全てのオンラインサービスを臨時休止すると発表した。システムメンテナンスのため。
posted by 為栗 裕雅 at 22:33| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

みちのく銀、2支店を事実上統合

 みちのく銀行は15日、2支店を移転すると発表した。移転先は近隣の支店で、支店内支店形式による事実上の統廃合。
 移転するのは、筒井支店(青森市)、大鰐支店(青森県南津軽郡大鰐町)の2店。移転実施は2020年3月9日(月)。現在地での最終営業日は同年3月6日(金)になるとみられる。移転先は、筒井支店は桜川支店(青森市)、大鰐支店は城東支店(弘前市)。移転に伴う店名・店番号・口座番号の変更はないが、電話番号など連絡先は移転先支店のものに変更となる。

2020.03.09(月)移転
 筒井支店(青森市筒井八ツ橋234-2)
  移転先:青森市奥野3-1-1(桜川支店内)
  電話番号:017-774-2323(現桜川支店)
 大鰐支店(青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字大鰐90)
  移転先:弘前市大字城東北1-9-1(城東支店内)
  電話番号:0172-27-6701(現城東支店)

20191116news-1.jpg20180330news-3.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:40| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

みちのく銀、青森銀と包括的連携を検討

 みちのく銀行と青森銀行は28日、両行での包括的連携を検討すると発表した。
 発表によると、両行はATMの提携手数料を無料にする範囲を広げるほか、顧客企業を対象とした商談会の共同開催を増やすこと、経営効率化のため預金業務などの書類の書式を統一すること、バックオフィス業務の共同化などを検討する。
 両行の連携は、引き続き健全な競争関係を維持することが前提で、資本提携の予定はないとしている。
posted by 為栗 裕雅 at 00:41| 東京 ☁| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

みちのく銀、札幌支店で昼休み導入

 みちのく銀行は11日、札幌支店(札幌市中央区)の窓口営業時間に昼休みを導入すると発表した。
 実施は2019年11月18日(月)から。窓口営業時間に休業を1時間(11:30〜12:30)挿入し、9時から11:30までと、12:30から15時までの営業とする。ATMの稼働時間(同行の標準稼働時間)は変更しない。
 みち銀の昼休み導入は、青森県内の戸山・大鰐・小泊の3支店に続くもの。県内店舗での昼休み設定時間は札幌支店とは異なる(12〜13時)。

20191012news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 10:00| 東京 ☔| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

みちのく銀、2支店を事実上統合

 みちのく銀行は27日、支店2か店を移転すると発表した。移転先はいずれも近隣の支店で、事実上の統廃合。
 移転するのは、大学病院前支店(弘前市)と、多賀台支店(八戸市)の2店。移転の実施は2020年1月20日(月)、現店舗での最終営業日は1月17日(金)となる。移転先は大学病院前支店が下土手町支店(弘前市)、多賀台支店が河原木支店(八戸市)。口座番号など取引関係の変更はないが、連絡先は移転先の支店に変更となる。移転跡地におけるATMの稼働については発表されていない。

2020年1月20日(月)移転
大学病院前支店
  移転先:弘前市大字土手町36(下土手町支店内)
  新電話番号:0172-32-4211
多賀台支店
  移転先:八戸市下長4-10-12(河原木支店内)
  新電話番号:0178-20-2511

20190930news-1.jpg20190930news-2.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 11:12| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

みちのく銀、盛岡支店を移転

 みちのく銀行は10日、盛岡支店(盛岡市)を移転すると発表した。
 移転の実施は2020年2月10日(月)、最終営業日は2月7日(金)。移転先は盛岡市菜園一丁目。電話番号や取引関係などの変更はない。移転先の住居表示は未確定だが、番地は菜園一丁目6-2〜6-8のいずれかになるとみられる。
 移転は新築移転。

20190711news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 10:44| 東京 ☁| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

みちのく銀、八戸ニュータウンを事実上統合

 みちのく銀行は15日、根城支店八戸ニュータウン出張所(青森県八戸市)を移転すると発表した。移転先は母店の根城支店内で、事実上の統廃合。
 移転の実施は2019年6月10日(月)。移転先は八戸市売市3-2-8、根城支店内。電話番号は根城支店のものを使用する。

20190216news-2.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 01:36| 東京 ☁| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

みちのく銀、比内支店を事実上統合

 みちのく銀行は12日、比内支店(秋田県大館市)を移転すると発表した。移転先は近隣の大館支店(同)で、事実上の統合。
 移転の実施は2019年4月1日(月)。移転先は大館市大館92、大館支店内(大館市街地、秋北バス「大館栄町」バス停前)。ATMの稼働については発表されていない。

20181113news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:59| 東京 ☔| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

みちのく銀、七戸町の支店再編を発表

 みちのく銀行は19日、かねて予定を公表していた七戸支店(青森県七戸町)と天間林支店(同)の再編について、詳細を発表した。
 再編の実施は2019年7月22日(月)。七戸支店と天間林支店の2店を、中間付近に新築する新店舗に移転する。移転は2店同時に行われ、移転後は七戸支店内に天間林支店が同居する形となる。当初予定していた天間林支店の統合は行わない。
 新店舗は青森県上北郡七戸町字荒熊内216-1(東北新幹線七戸十和田駅前、南口イオンショッピングセンター向かい)。電話番号などは七戸支店のものを使用する。

20180919news-1.jpg20180919news-2.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 16:01| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

みちのく銀、店舗外ATM1か所を廃止

 みちのく銀行は、根城支店の店舗外ATM[大杉平](青森県八戸市大字上組町)を廃止する。最終営業日は2018年8月10日(金)。近隣への代替ATM設置は行わない模様。
 廃止は建物解体のため。大杉平出張所は、2017年11月に統合された大杉平支店の統合跡に開設されたもので、旧支店のキャッシュコーナーを店舗外ATMとしてそのまま稼働していた。

20180720news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 11:52| 東京 ☁| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

みちのく銀、南部・三戸の2支店を再編

 みちのく銀行は、南部支店(青森県南部町)と三戸支店(同三戸町)の2店を再編する。2支店の中間地点に店舗を新築して両店を移転、片方を支店内支店の扱いとすることで事実上の統廃合を行うもの。
 再編の実施は2019年3月4日(月)。南部支店を三戸町内に新築移転し、同時に三戸支店を南部支店の新店舗内に移転する。移転先は、青森県三戸郡三戸町大字川守田字沖中54-1(青い森鉄道三戸駅南西徒歩10分、県道258号線沿い)。移転跡への店舗外ATM設置などについては明らかにされていない。
 みちのく銀は昨年8月、三八上北地区の4支店について、新築移転を伴う再編を発表した(「為栗ニュース」2017.08.10既報)。今回の南部・三戸支店のほか、天間林支店(青森県七戸町)と七戸支店(同)の再編がすでにアナウンスされている。4支店の再編の実施は2018年9〜11月とされていたが、遅れている模様。

20180703news-1.jpg20180703news-2.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 09:48| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

みちのく銀、大鰐・小泊で昼休み導入

 みちのく銀行は29日、今年7月に2支店で営業時間を短縮し、窓口営業に昼休みを導入すると発表した。
 営業時間を短縮して昼休みを導入するのは、大鰐支店(青森県南津軽郡大鰐町)と小泊支店(同北津軽郡中泊町)の2店。2018年7月2日(月)から、09:00〜15:00の窓口営業時間のうち、12:00〜13:00を休業する。店内設置のATMについては、営業時間(平日7-21時・休日8-19時)の変更はない。
 みち銀では昨年4月から戸山支店(青森市)で窓口営業の短縮(昼休み)を実施しており、今回の導入で実施店は3店舗となる。

20180330news-3.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:21| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく銀、新城・田名部を支店内支店化

 みちのく銀行は29日、今年9月に2支店を統合すると発表した。両店の統廃合は、近隣の別の店舗内に移転する「支店内支店」の形態で行われる。
 移転するのは、新城支店(青森市大字新城字平岡231-8)と田名部支店(むつ市柳町1-1-8)の2店。移転の実施は2018年9月18日(火)で、現店舗での営業終了は9月14日(金)。移転先はいずれも近隣の既存支店で、新城支店は石江支店(青森市大字石江字江渡8-2)、田名部支店はむつ支店(むつ市中央2-10-1)。支店が移転する形を採るため、顧客の口座番号など取引関係の変更はない。
 みち銀は2018年度から本部機構の改変を行い、2本部15部3室の体制となる。この改変では、店舗・ATMの新設・改廃等を一元的に担う部室として「店舗開発室」を新設。複数部室にまたがっていた店舗開発関連の業務を集約することにより、機動的な店舗戦略を進めていくという。

20180330news-2.jpg20180330news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:19| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく銀行で経営陣交代

 みちのく銀行は27日、代表権を持つ役員の異動を発表した。
 2018年6月27日付で、代表取締役頭取には現専務執行役員営業本部長の藤沢貴之氏(51)が新任される。現頭取の田邦洋氏は取締役会長となり、現会長の杉本康雄氏は相談役(非常勤)に退く。
 この役員異動は、今年6月27日に開催される株主総会の後、取締役会において正式決定される。

藤沢貴之(ふじさわ・たかゆき):1966年8月26日生、青森市出身、1990年3月千葉大学法経学部卒、入行。経営企画部長、古川支店長、人事部長を経て2015年4月執行役員営業本部長兼営業戦略部長、2016年6月常務執行役員、2017年4月専務執行役員営業本部長(現職)。
posted by 為栗 裕雅 at 08:10| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

みちのく銀と青森銀、金木支店を移転か

 青森県五所川原市が、みちのく銀行と青森銀行に対し、金木支店(同市)の移転を打診していることが明らかになった。青森県の県紙、東奥日報が9日伝えた。
 報道によると、五所川原市は、同市金木地区の観光振興に向け、みちのく・青森両行の金木支店の用地を、観光客向け駐車場の増設用地などとして使用する構想を持つ。現銀行用地に、イベントや災害時などに広場として活用できる駐車場を整備する構想で、周辺に農産物直売所を設ける計画もある。
 両銀行にはすでに支店の移転を打診済みで、銀行側は「対応を検討中」としている。支店の移転先や移転時期、用地を市が取得するか賃借で行うか、移転に伴う費用負担をどうするかなど、詳細は現時点では未定。
 みち銀と青銀の金木支店は、作家・太宰治の生家「斜陽館」の向かいに並んで建つ。斜陽館のほか、周辺には津軽三味線会館、金木観光物産館「マディニー」があり、観光エリアとなっている。これらの共用駐車場は、観光シーズンには満車状態が続くこともあり、合併前の旧金木町の時代から、駐車場不足の解消を軸とした観光開発を懸案としてきたという。
posted by 為栗 裕雅 at 00:57| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

みちのく銀、三八上北で店舗網再編

 みちのく銀行は10日、4支店を2018年11月に再編すると発表した。2つの支店の中間地点付近に店舗を新築し、片方の支店を移転してもう片方を統合する形での再編が、2組行われる。
 再編対象となるのは、三戸支店(青森県三戸郡三戸町)・南部支店(三戸郡南部町)と、天間林支店(上北郡七戸町)・七戸支店(同)の、三八上北(青森県東部)にある2組4店。どの店を存続するか、また移転・統合跡地への店舗外ATM設置については発表されていない。統廃合の手順はいずれも同じで、2店の中間に店舗を新築した後、南部支店・七戸支店を2018年10月に新店舗に移転し、次いで同年11月19日(月)付で三戸支店・天間林支店との統廃合を行う。各支店の顧客に対しては、9月上旬に個別に郵便で案内するとしている。

統廃合の概要
 新店舗への移転:2018年10月予定
 統合実施:2018年11月19日(月)※最終営業日は同年11月16日(金)の見込み
 ATM:新店舗に2台設置予定
(1)三戸支店・南部支店
 店舗新築地:青森県三戸郡三戸町大字川守田字沖中(青い森鉄道三戸駅南西)
 統合までの流れ:@新店舗完成(2018年9月予定)、A南部支店が新店舗へ移転(同年10月予定)、B三戸支店と南部支店を統合(2018.11.19)
(2)天間林支店・七戸支店
 店舗新築地:青森県上北郡七戸町字荒熊内(東北新幹線七戸十和田駅付近)
 統合までの流れ:@新店舗完成(2018年10月予定)、A七戸支店が新店舗へ移転(同月予定)、B天間林支店と七戸支店を統合(2018.11.19)
posted by 為栗 裕雅 at 17:21| 東京 🌁| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

みちのく銀、11月に2支店を統合

 みちのく銀行は8日、支店2か所を2017年11月20日(月)付で統合すると発表した。
 統合されるのは、旭町支店(青森市)、大杉平支店(八戸市)の2店。最終営業日は2017年11月17日(金)。統合先は旭町が古川支店(青森市)、大杉平が根城支店(八戸市)。店舗廃止後のATM稼働については発表されていない。
posted by 為栗 裕雅 at 20:19| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

みちのく銀、1支店で昼休み導入

 みちのく銀行は20日、青森市内の1支店で窓口営業時間に昼休みを設けると発表した。
 昼休みが導入されるのは、戸山支店(青森市蛍沢三丁目)。2017年4月3日(月)から、窓口の営業時間を09:00〜12:00・13:00〜15:00とし、新たに12:00〜13:00を休業する。ATMの稼働時間は、平日7-21時・休日8-19時で変更しない。
 営業時間の短縮は、同行の店舗統廃合に代わる新たな取り組み。窓口業務の維持と効率化を図るため実施するとしている。
posted by 為栗 裕雅 at 11:01| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)