為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2003年08月09日

南日本銀、鴨池新町支店を統合

 日経に掲載された公告によると、南日本銀行は鹿児島市内の鴨池新町支店を統合する。
 統合先は県庁出張所で、統合と同時に県庁出張所は「県庁支店」に店種を変更する。
 統合実施日は10月20日(月)。
posted by 為栗 裕雅 at 22:07| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月08日

地域金融機関(地方銀行、信用金庫など)の動き

 専門紙紙面による、地域金融機関の動向をまとめてお伝えする。
 長野県の赤穂信金と伊那信金が7月22日合併、「アルプス中央信用金庫」が発足した。
 茨城県の常陽銀行は、7月23日からアイワイバンク銀行とのATM提携を開始した。これにより、イーネットに加えてセブンイレブン内のコンビニATMの利用も可能となった。
 宮崎太陽銀行の新本店が完成し、8月4日にグランドオープンした。
 三重県の百五銀行は、3支店の出張所化と1出張所の廃止を発表した。出張所化されるのは東御幸・あかつき台・笹川の3支店で、母店はそれぞれ亀山・生桑・日永の各支店。期日は東御幸が8月25日、あかつき台と笹川が10月20日。一方、廃止されるのは名張支店つつじが丘出張所で、期日は11月21日。
 広島銀行は、10月6日から福岡支店を階上店舗に変更する。
 西日本銀行は、11月7日付で山口県の山口支店を宇部支店に統合する。
 岩手銀行は、12月8日付で大阪支店を廃止する。業務は東京支店が継承する。
 滋賀県の彦根・近江八幡の両信用金庫が、来年7月合併する。
posted by 為栗 裕雅 at 23:44| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島総合銀、9月に8店の名称変更

 もみじホールディングスのホームページによると、広島総合銀行は、2004年5月のせとうち銀行との合併を前に、店名が重複する店舗のうち8店の店名を変更する。
 変更期日は9月8日で、今回はせとうち銀店舗の名称変更は発表されていない。一覧表はこちら(当サイト「お役立ち」より)。
 残る30店の店名重複店舗は、来年5月の合併日を期して名称変更される。
posted by 為栗 裕雅 at 23:31| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月07日

関西アーバン銀、発足前に店名・店番変更

 2004年2月に合併予定の大阪の第二地銀、関西銀行と関西さわやか銀行は、店名および店番号の重複する店舗について、合併前の9月8日に変更を行うことを発表した。
 店名の変更は関西銀が6店、関さわ銀が9店で、一覧表はこちら(当サイト「お役立ち」より)。
 店番号の変更は関さわ銀のみで、合計13店。内訳は、店番のみの変更が9店(南田辺・花園・十三・千林・野里・鴫野・新大阪・港・今川)、店名と同時に店番が変わる店が4店(旧店名で本店営業部・難波・梅田・東大阪)となっている。
posted by 為栗 裕雅 at 23:06| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月23日

旧第二地銀がらみのシステム変更、2件行われる

 7月22日、奈良銀行のほか、旧第二地銀がらみのシステム変更がもう1件行われた。
 システム変更を行ったのは都市銀行の三井住友銀行で、3月に合併した旧わかしお銀行店舗のシステムを三井住友他店で使用しているものに取り替える作業が行われた。
 旧わかしお店舗の取引客は、システム変更以後は通帳の切り換えのほか、キャッシュカードも新しいものに変更となっている。
 三井住友の「コミュニティバンキング本部」店舗(旧わかしお店舗)は、旧わかしお銀本店だった千代田営業部を含めて34店舗。
posted by 為栗 裕雅 at 17:53| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月16日

UFJ信託、3店を閉鎖・青森・秋田は東京に統合

 UFJ信託銀行は16日、日本経済新聞に「店舗統合のお知らせ」を掲載した。
 広告によると、統合される店舗は横浜支店金沢文庫出張所、秋田支店、青森支店の3店。
 金沢文庫については当「為栗ニュース」で6月22日既報。
 秋田支店の統合は11月4日(火)、青森支店は11月10日(月)が実施日で、統合先はどちらも9月新設予定の「東京サービス支店」となる。新支店の所在地は東京都千代田区丸の内1-4-3(UFJ信託銀行本店内)。
posted by 為栗 裕雅 at 13:50| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月01日

関西と関西さわやか、合併行名等決まる

 第二地銀の関西銀行は、関西さわやか銀行との合併後の新行名を「関西アーバン銀行」とすることを決め、あわせて関さわ銀の子会社化と合併後のロゴ・シンボルマークを発表した。
 両行の合併計画は、三井住友銀行の関西リテール強化の一環。まず関西銀が関さわ銀の普通株式38万株余りを譲り受けて自行のグループ会社とし、次いで来年2月に正式に合併する。
 新商号は「株式会社関西アーバン銀行」、新英文名称は「Kansai Urban Banking Corporation」で、略称として「KUBC」を使用する。
 マークはイニシャルのKとUを組み合わせたもの。配色は現在の関西銀行の青と赤がそのまま使用され、デザイン的にも現関西銀のマークに似ている。
 関西銀行は三井住友銀行系で、昭和50年代には住友銀行との合併計画が破談となったこともある。関西さわやか銀行は破綻した幸福銀行の営業を引き継いだ外資系の第二地銀。
posted by 為栗 裕雅 at 13:23| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月26日

東調布信金、芝信金と合併

 東調布信用金庫(本店東京都大田区)は、7月7日付で芝信用金庫(同・港区)と合併する。
 合併準備のため、7月6日(日)は、両金庫ともオンラインを停止する。
 合併後の規模は、預積金8000億円余、店舗数51店舗となる。新金庫名は「芝信用金庫」、本店は現在の芝信金本店。
posted by 為栗 裕雅 at 22:28| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月22日

UFJ信託、金沢文庫出張所を統合

 UFJ信託銀行は、「トラストプラザ金沢文庫」(横浜支店金沢文庫出張所)を、9月12日(金)の営業終了をもって母店の横浜支店に統合すると発表した。統合日は9月16日(火)付け。
 同店は東洋信託銀行の金沢文庫支店として1985年11月に開店したが、99年10月に横浜支店母店の有人出張所に変更されていた。
 同社では今年度に入って有人出張所の統合が加速しており、今回の金沢文庫の統合もその一環。
 統合にともない、同支店に設置されていたATMコーナーも廃止となる。UFJ信託の横浜支店はJR横浜駅西口。
posted by 為栗 裕雅 at 00:20| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月20日

旧つくば銀東京支店が統合

 4月に関東銀行とつくば銀行との合併で発足した地方銀行の関東つくば銀行(本店茨城県土浦市)は、日本橋支店を東京支店内に移転すると発表した。
 関東つくばの日本橋支店は、旧つくば銀行の東京支店で、半蔵門線三越前駅から徒歩1分のエバー室町ビル5階にあった。7月1日(火)以降、日比谷線仲御徒町駅前の「日土地御徒町ビル」7階、旧関東銀行東京支店内で営業し、正式な統合は9月となる予定。この方式での統合は、りそな銀行で行われている「ブランチインブランチ」と同様。
 新住所は以下のとおり。台東区台東2-27-7、電話03-3231-2811(不変)。
posted by 為栗 裕雅 at 11:36| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)