為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2016年05月02日

あおぞら銀、通帳への取扱店名記帳を廃止

 あおぞら銀行は2日、勘定系システムを刷新した。これに伴い、取引の取扱店名を通帳に記帳するサービスが廃止となった。
 預金取引の取扱店名は、これまで「お支払金額」「お預り金額」のうち、いずれか使用しない欄に半角カタカナで通帳に記帳されていたが、新システムでは新たに設けられた「符号」欄に店番号で表示されることとなり、店名の記帳がなくなった。
posted by 為栗 裕雅 at 20:36| 東京 ☁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

あおぞら銀、勘定系システムを更新

 あおぞら銀行は9日、勘定系システムを2016年5月に更新すると発表した。
 新システム移行は2016年5月2日(月)。同行の現行システムでは、取引の取扱店名は半角カタカナで通帳に記帳されるが、システム移行後は漢字表記に変更される模様。
 新システム移行に伴い、5月2日以降は旧来の通帳が使用できず、切り替えが必要となる。システム移行以前の取引は、新通帳では入金・出金の累計額が1行で記載されるため、個々の取引を通帳に記載したい場合は移行前に行う必要がある。移行に伴うシステム休止は後日改めて告知するとしているが、4月28日(木)が移行前の最終営業日になるとみられる。
posted by 為栗 裕雅 at 11:52| 東京 ☁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

あおぞら銀、本店を移転

 あおぞら銀行は1日、本社を移転すると発表した。本店営業部も同時に移転となる。
 移転の実施は2017年5月頃。移転先は上智大学四谷キャンパス(東京都千代田区)内に建設中の「ソフィアタワー」(千代田区麹町六丁目1-1および1-25)。同ビルには主要テナントとして入居を予定しており、1階が店舗、7〜16階がオフィスとなる。
 移転は、新築ビルの安全性を背景とした業務継続体制の強化と、新しい環境構築による生産性の向上を目的としている。現本店は旧太陽神戸銀行東京本部だった建物。

20150605news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 17:52| 東京 ☀| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

あおぞら銀、名古屋支店を移転など

 あおぞら銀行は3日、今年度の店舗リニューアル計画を発表した。2015年度は、池袋支店の改装と名古屋支店の移転を実施する。
 池袋支店(東京都豊島区南池袋2-28-13)は、現在の店舗を改装する。2015年4月27日(月)〜6月26日(金)はリニューアル工事期間とし、現店舗ビル4階に仮設窓口を設置して営業を行う。改装オープンは6月29日(月)の予定。工事のため、池袋支店のATMは、2015年4月25・26日、6月27・28日(いずれも土・日)の日程で営業を休止する。
 名古屋支店(名古屋市中村区名駅4-5-28)は、名古屋駅前に建築中の「大名古屋ビルヂング」へ移転する。移転実施は2015年11月24日(火)。移転のため、名古屋支店のATMは、2015年11月21日(土)〜23日(月・祝)の日程で営業を休止する。
posted by 為栗 裕雅 at 10:49| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

あおぞら銀、福岡支店を移転

 あおぞら銀行は22日、福岡支店(福岡市中央区)を移転すると発表した。
 移転の実施日は今年6月17日(月)。移転先は福岡市中央区天神2-8-36、天神NKビル(地下鉄天神駅2番出口、明治通り沿い)。電話番号や口座番号等の変更はない。

20130425news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 19:55| 東京 ☁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

あおぞら銀、2月に2支店を移転

 あおぞら銀行は11月30日、千葉支店(千葉市中央区)と渋谷支店(東京都渋谷区)の2支店を2013年2月に移転すると発表した。
 まず、2月12日(火)千葉支店が移転する。移転先は千葉市中央区富士見2-14-1(現店舗南100m、千葉EXビル1階)。電話番号などは変更されない。
 次いで、渋谷支店が2月25日(月)に移転する。移転先は渋谷区渋谷1-7-7(現店舗東250m、住友不動産青山通ビル8階)。電話番号などは変更されない。

20121202news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 09:00| 東京 ☀| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

あおぞら銀、自由が丘に新規出店

 あおぞら銀行は、東急自由が丘駅前(東京都世田谷区)に個人向け店舗を開設する。
 開設するのは、渋谷支店自由が丘出張所(愛称:フィナンシャルオアシス自由が丘)。開店は2012年12月3日(月)、所在地は世田谷区奥沢5-28-1(東急東横線・大井町線自由が丘駅南西側、デザイナーズマンション「フィーノ自由が丘」1・2階)。
 店番号は渋谷支店と同じ「114」。預金取引の店名通帳記帳は渋谷支店と同様、半角カタカナで「シブヤ」となる模様。窓口では資産運用相談のほか、現金も扱う。またキャッシュコーナーも設置される。
posted by 為栗 裕雅 at 13:50| 東京 ☁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

あおぞら銀、上野支店を移転

 あおぞら銀行は25日、上野支店(東京都台東区)を移転すると発表した。
 移転実施は今年7月17日(火)。移転先は台東区上野2-12-20(不忍通り沿い、NDKロータスビル)。口座番号や連絡先などの変更はない。
 新店舗は1階の路面店舗となる。また、新コンセプトによる店舗デザインの関東地区第1号。
posted by 為栗 裕雅 at 18:39| 東京 ☔| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

あおぞら銀、梅田支店を移転

 あおぞら銀行は16日、今春に梅田支店(大阪市北区)を移転すると発表した。
 移転は2012年4月16日(月)。移転先は、大阪市北区梅田1-12-12、東京建物梅田ビル1階(阪神百貨店南側)。4月13日(金)までは現所在地(北区角田町8-47阪急グランドビル2階)で営業する。電話番号等は変更されない見込み。
 新しい梅田支店は、同行の「新店舗デザインプロジェクト」の第1号店舗となる。今後、同様の店舗内装を、全店統一デザインとして展開する計画。

20120220news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 20:32| 東京 ☀| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

あおぞら銀、仙台支店を移転

 あおぞら銀行は14日、仙台支店(仙台市青葉区)を移転した。移転先は仙台市青葉区中央3-2-1(JR仙石線あおば通駅2番出口前、青葉通プラザ1階)。
 同支店の旧所在地は同じビルの8階。1階への移転により空中店舗を解消し、リテール部門を強化する。

20110219news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 15:59| 東京 ☀| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

あおぞら銀、ATM時間外手数料を無料化

 あおぞら銀行が、自行ATMの時間外手数料を撤廃したことが明らかになった。
 実施は今年11月1日(月)から。自行設置のATMで、自行キャッシュカードを利用した引き出しに適用される。これまで1回105円の手数料がかかっていた「時間外」(平日18:00〜19:00、土曜14:00〜17:00、日曜09:00〜17:00)の引き出しが、すべて無手数料化された。
 なお、あおぞら銀行では、日曜日と重なった場合を除き、祝日・振替休日にはATMを稼働していない。
posted by 為栗 裕雅 at 15:33| 東京 ☁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

佐賀銀で通帳に取引店名記帳、残念ながら廃止

 佐賀銀行(本店佐賀市)で、預金取引の際に通帳への取引店名の記帳が行われていたことが判明した。店名記帳は、今年5月の勘定系システム更新に伴い廃止された。
 同行の勘定系システムは、今年5月5日(水)から日本ユニシス社製の「バンクビジョン」に変更された。同行が発表した「新システムへの移行に伴うお知らせ」によると、旧システムでは預金取引を行った店名が「摘要」欄に「ATMホンテン」「ATMJRサガ」のような形で通帳に記帳されていた。新システム移行に伴い、通帳に記帳される情報は、店名から、利用したカードまたは通帳の区別に変更された。
 「為栗ニュース」主筆・為栗裕雅によると、平成14(2002)年当時の佐賀銀の通帳では、取引実施店データは店名ではなく店番号で表示されており、カタカナ店名が表示されていたのは比較的短期間であったとみられる。
 「JRサガ」の記帳は店舗外ATMの「JR佐賀駅」とみられ、店舗外ATMでの取引まで独自の店名が記帳されていた模様。カタカナ店名の記帳を廃止する変更は、十六銀行や香川銀行でも行われている。

20100509news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 19:59| 東京 ☀| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

香川銀、通帳への取引店名記帳を廃止

 預金取引を行った店名を半角カナで通帳に記帳していた香川銀行が、同サービスを廃止したことがこのほど確認された。
 香川銀は今年1月4日(木)から新しい基幹システムの稼働を開始した。これに伴い、これまで店名が記帳されていた部分に取り扱い業務のコードが印字され、取引を扱った店は店番号を最右欄に記帳するようになった。店名記帳の廃止は、2006年一杯とみられる。
 同じ香川県の百十四銀行でも取引実施店舗の通帳記帳(半角カナ表記)を採用している。こちらの動向は現在鋭意調査中。

20070617news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 15:28| 東京 ☀| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

北洋銀、旧拓銀本店を建て替え

 北洋銀行(札幌市)は2月10日、同行大通支店として使用してきた「北洋大通ビル」(旧北海道拓殖銀行本店、札幌市中央区)を建て替えると発表した。
 同ビルは1961(昭和36)年に拓銀本店として建設され、1998年の営業譲渡に伴い北洋銀が大通支店として使用してきた。建て替えの理由について同行は「築後44年を経過し、建築・設備の両面にわたって老朽化が進んでいるため」としている。
 新ビルは地上20階建ての「札幌ビジネスセンタービル」として2009年度中に完成の予定。旧ビル解体のため、北洋銀行大通支店(旧北海道拓殖銀行本店営業部)は、今年11月に仮店舗を設置して移転する。同支店は新ビル完成後に原位置に復帰する予定。
posted by 為栗 裕雅 at 17:37| 東京 ☁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

旧朝日銀行本店が廃店に

 みずほ銀行は、同行の昭和通支店(東京都中央区日本橋3丁目、八重洲通り・昭和通り交差点)を来年3月に廃止すると発表した。統合先は京橋支店(中央区京橋2丁目、銀座線京橋駅前)で、最終営業日は2006年3月10日(金)、統合実施日は3月13日(月)。現昭和通支店のATMコーナーも、3月10日をもって営業を終了する。
 みずほ銀行は、昨年11月にシステム統合が完了し、2005年1月以降店舗の統廃合を進めている。これまでは旧第一勧業・旧富士それぞれの店舗が1つの建物に同居したもの(ブランチ・イン・ブランチ)を一つにまとめる形での統合が中心となっていたが、今年秋の実施分からリストラ的な統廃合を並行して行っており、今回もその一環。
 みずほ銀行昭和通支店は、1964年8月に旧第一銀行に合併された旧朝日銀行の本店だった店舗。朝日銀行は1920年5月に設立された国際信託(株)が前身で、宮内省の取引銀行として有名だった十五銀行(旧第十五国立銀行、1877年5月設立)の信託部門だった。1927年に昭和金融恐慌の余波で十五銀行が経営破綻したのに伴い、第一銀行が肩代わりし、戦後に第一信託銀行に衣替えした。1962年12月、信託部門を中央信託銀行に譲渡して朝日銀行に商号変更、東京都内を基盤とした地方銀行として営業していた。現りそなグループの旧あさひ銀行とは関係ない。
posted by 為栗 裕雅 at 11:42| 東京 ☀| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

武蔵野銀、群馬県太田市に法人営業所を設置

 武蔵野銀行(さいたま市)は5日、群馬県太田市に法人営業所を設置すると発表した。同行の群馬県内の拠点は初めてで、法人営業専門の拠点としても同行初。
 開店日は10月11日(火)で、太田市役所近くのオフィスビルに「太田オフィス」の名称で開設。パートも含めて職員6人を配置、取引企業との相談業務や新規法人取引の拡大などにあたる。融資の実行や入出金などの事務処理は最寄りの熊谷支店(埼玉県熊谷市)に取り次ぐが、軌道に乗れば自前で融資機能などを持つ支店への昇格も検討する。
 太田市は埼玉県と利根川をはさんで隣接、経済的な結び付きが深いうえ、富士重工業など製造業が集積している。武銀は太田市内に約50社の取引企業を抱えるが、融資の場合などには熊谷支店から従業員が訪問したり、取引企業に出向いてもらったりしており、群馬県南部での拠点開設への要望が強かったという。
 太田市には旧埼玉銀行が1969年から支店を開設していたが、あさひ銀行時代の1997年にさくら銀行太田支店に営業譲渡して廃止している。武銀のオフィス(太田市飯田町1260-3、太田丸の内ビル)は、東武伊勢崎線太田駅から徒歩4分の国道407号線沿いで、旧あさひ支店跡(飯田町956)から1ブロック挟んだ北側。
posted by 為栗 裕雅 at 06:15| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

東京三菱・UFJ、合併を06年元旦に延期

 三菱東京フィナンシャル・グループとUFJホールディングスは12日、傘下の東京三菱銀行とUFJ銀行の合併期日を2006年1月1日に延期すると発表した。
 両行の合併期日は当初10月1日としていたが、大規模なトラブルの発生を防ぐため、リハーサルや接続テストの拡充などで合併を3か月延期する。持ち株会社および証券・信託銀行の合併期日は変更しない。
posted by 為栗 裕雅 at 15:11| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

東京三菱・UFJ、銀行合併を来年に延期

 三菱東京フィナンシャル・グループとUFJホールディングスは4日、10月1日に予定していた東京三菱銀行とUFJ銀行との合併を来年1月以降に延期する方針を決めた。
 持ち株会社と傘下の信託銀行、証券会社は予定通り10月に合併する。システム統合で障害が発生する懸念をぬぐえないためで、金融庁からも統合作業が不十分と厳しい指摘を受けていた。金融庁の指摘を受け、合併に伴うコンピューターシステム統合のトラブルを避けるためにはより綿密に準備を進める必要があると判断した。
 両行は異なるコンピューターシステムを使っている。10月1日の合併時に既存のシステムを接続し、2007年にはシステムを完全統合する計画だった。
 8日開催予定の両グループの統合委員会で延期を最終決定する見通し。合併時期は来年1月が有力となっている。
posted by 為栗 裕雅 at 08:55| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村証券、銀行業に本格参入

 証券最大手の野村証券は、来年中にも銀行業に本格参入する方針を固めた。個人向けに預金口座を提供し、インターネットを利用した決済サービス事業に乗り出すもの。
 規制緩和される見通しになった銀行代理店の仕組みを利用する。証券会社が銀行業務を直接営むことは禁じられているが、野村証券がグループ内で銀行免許を持つ野村信託銀行の「代理店」となる契約を結び、全国に約130店ある野村証券の店舗で個人預金口座の開設の申し込みを受け付ける。これにより、事実上本体で銀行ビジネスを手がけることになる。これまではグループの信託銀行で企業向け事業を展開してきたが、野村証券本体では制度の壁から銀行ビジネスは扱えなかった。
 口座からインターネットバンキングで給与振り込みや公共料金の引き落とし、代金決済ができるようになる。野村証券の店舗やATMでの出入金も可能にする方向。
 銀行の代理店業務を証券会社に全面的に認める銀行法の改正案について、金融庁は次の国会での可決・成立をめざしている。野村は、特定の大手銀行グループと提携せず自前で総合金融路線を歩む方針で、早ければ来年中になる改正法の施行後、すみやかにサービスを始める意向。
posted by 為栗 裕雅 at 08:55| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀陽・和歌山銀持ち株会社、来年2月設立

 経営統合に基本合意している紀陽銀行(和歌山市)と和歌山銀行(同)は2日、持ち株会社「紀陽ホールディングス」を2006年2月1日に設立すると発表した。
 株式移転比率は紀陽銀株1株に対して持ち株会社株1株、和歌山銀株1株には同0.385株とする。持ち株会社の社長には片山博臣紀陽銀頭取、会長には鈴木剛夫和歌山銀社長が就任。取締役は古出哲彦紀陽銀専務と滝川千秋紀陽銀常務が兼務する。10月26日、株式移転承認のために臨時株主総会を開いて正式決定する。
 紀陽銀株は06年1月26日に東証・大証一部の上場を廃止し、持ち株会社株を06年2月1日に上場する予定。
posted by 為栗 裕雅 at 08:53| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)