為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年10月21日

ダスキン千葉元会長が1億2千万円支払い

 ダスキンの特別背任事件にからみ、同社が千葉弘二元会長(64)ら旧経営陣3人に総額約1億9000万円の損害賠償を求めた訴訟は、大阪地裁(揖斐潔裁判長)で一部和解が成立した。
 千葉元会長が取締役として配慮に欠けたことを和解条項に盛り込み、解決金として1億2000万円を元会長が支払うことで先月28日に和解した。ほかの2人の訴訟は継続する。
 千葉元会長らは99年7月〜01年4月にかけて、ミスタードーナツの販促用景品を発注する際、デザイン会社を下請けに使ったように装って、デザイン会社に総額約1億8600万円を不正に支出したとされる。
 元会長の代理人弁護士によると、和解条項は元会長が「取締役としての職務執行に配慮に欠ける点があった」と注意義務違反を認める内容。同弁護士は「会社に損害を与えたのは故意ではなく、公判では引き続き無罪を主張する」としている。
posted by 為栗 裕雅 at 15:16| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ミスド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)