為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年01月26日

宿毛−佐伯間フェリーの運航会社が破産

 宿毛(高知県)と佐伯(大分県)とを結ぶフェリーを運航していた宿毛観光汽船(本社宿毛市、資本金1億4400万円、従業員37人)は26日、高知地裁中村支部に自己破産を申請し、破産宣告を受けた。負債総額は約23億6000万円。フェリーの運航は同日朝から停止している。
 不況などの影響で車両運送実績の低迷が続いたのが主な原因。ピークの1975年度には年間旅客28万7000人を記録したものの、2002年度の旅客は14万5000人と半減していた。
 フェリーは佐伯港を同日午前3時に出る便を最後に運航停止。本社前には運航停止の看板が立てられたという。
posted by 為栗 裕雅 at 18:12| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 遊牧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)