為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年05月20日

UFJ信託、住友信託に売却

 UFJホールディングスは19日、UFJ信託銀行の大半の業務を住友信託銀行に売却する方向で検討に入った。週内にも発表する。
 住信・UFJ信の両社は2005年度中に金融持ち株会社を設立して経営統合を目指す。まず住信がUFJ信をUFJHDから買収、その後に共同で金融持ち株会社を設立し、両社が傘下に入り、業務を再編する方向。今秋をメド、売却額3000億円程度となる見込み。
 UFJグループは2004年3月期連結決算が最終赤字になる見通しで、今回の売却により今期の自己資本比率の向上をめざす。
 信託銀行同士の大型再編は1999年1月の三井信託銀行と中央信託銀行の合併以来で、信託財産の合算規模は70兆円超に達する。統合により三菱信託銀行を抜き、資産規模で国内最大の信託銀行が誕生する。
posted by 為栗 裕雅 at 05:23| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)