為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年06月16日

大和フーヅ、ミスドの出店は「抑制」

 ミスタードーナツなどのフランチャイズ店舗を展開する大和フーヅ(本社埼玉県熊谷市)は、自社開発業態の和食レストラン「久兵衛屋」の出店を加速させる一方、ミスドやモスバーガーの出店は抑制する。
 2005年3月期(04年度)のミスドの出店は、戸田市の1店舗にとどめ、久兵衛屋に経営の軸足を移す。戸田市の1店舗は、今年1月に閉鎖した「ジャスコ北戸田」に代わるもの。
 大和フーヅは三洋電機の子会社で、同社運営のミスド店は埼玉県を中心とする首都圏のほか新潟・奈良・宮崎県などの38店。1972年3月開店の西大寺ショップ(奈良市、#0004)も同社の運営。
 久兵衛屋はうどんが主体の和食レストランで、ロードサイド店舗が多く、500円前後の価格が主体。ファミリー層を相手に埼玉県内を中心に約30店舗展開するが、今年度は茨城県に初出店、群馬や千葉など県外にも本格進出し、過去最高の12店舗を出店する。3年後の100店舗体制を目指し、社員教育システムも強化するという。
posted by 為栗 裕雅 at 09:11| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ミスド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)