為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2003年12月18日

銀行の店舗異動動向(地銀篇)

 専門紙が報じた、この秋から初冬にかけての地方銀行の店舗異動状況をまとめてお伝えする。
 岩手銀は、盛岡市上厨川前潟に新設されたイオン盛岡ショッピングセンター内に「イオン盛岡支店」を開設した(8月7日)。
 七十七銀は、3出張所を1月19日に、鉄砲町支店を2月23日にそれぞれ統合する。3出張所の内訳は住生中央ビル(本店営業部)、文化(南小泉支店)、中山四丁目(中山支店)。出張所の統合先は母店、鉄砲町支店は仙台東口支店に統合。支店の統廃合は宮城県内では10年ぶり。
 山形銀は初のインストア店舗として仙台支店ジャスコ幸町店出張所を設置した(11月15日)。
 関東つくば銀は、合併後の店舗統廃合を本格化させている。9月の日本橋(旧つくば銀東京)、荒川沖駅前(つくば荒川沖)に次いで、6支店を統合する。12月8日、豊里西支店を豊里支店に。12月15日、牛久北支店を牛久支店に。1月13日、水海道中央支店を水海道支店に、同じく大工町支店を水戸支店に。1月19日、取手西支店を取手支店に、同じく神栖中央支店を神栖支店に。統合される6店はすべて旧つくば銀行の支店。
 スルガ銀は静岡駅南口支店を移転改称し「静岡南支店」とした。この支店は駅南口の再開発に伴い、1988年9月に仮移転したプレハブ店舗で15年間営業していた(9月8日)。
 北越銀は、姥が山支店を新潟東支店に(11月7日)、白山支店を古町支店に(11月21日)それぞれ統合した。
 北陸銀は、旧石川銀行寺地支店の跡地に「金沢南中央支店」を開設し、既存の野町支店と泉野支店を同支店の出張所とした(11月10日)。
 南都銀は柳本支店を移転改称して「天理南支店」とし、これに合わせて天理支店朝和出張所を天理南支店に統合した(9月8日)。
 広島銀は3出張所2代理店1支店を廃止する、西条支店西条駅前(出)、尾道支店尾道市役所前(出)が1月16日、大野浦(代)、宮園(代)が2月13日、本川支店天満(出)と三津浜支店が3月5日。出張所の統合先は各母店、大野浦(代)は宮島口支店、宮園(代)は宮内支店、三津浜支店は松山支店。ATMコーナーは三津浜支店をのぞき統合後も営業する(三津浜のATMは4月上旬まで)。
 山口銀は小羽山支店を上宇部支店の有人出張所とし(12月1日)、あわせて柳井支店東と徳山支店徳山東の2出張所を母店に統合する(2月9日)。
 四国銀は、船場支店を徳島営業部に統合(10月20日)したのに続き、佐古支店を徳島西支店に(3月22日)、田宮支店を徳島西支店に(来年11月15日)、それぞれ統合する。
 福岡銀は城島支店を大善寺支店に統合する(2月6日)。
 大分銀は、別府公設市場支店を亀川支店に統合する。統合期日は2004年4月9日。
posted by 為栗 裕雅 at 09:26| 東京 🌁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)