為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年09月02日

三井物産、ダスキンの実質筆頭株主に

 三井物産はダスキンの株式5%を取得し、実質的な筆頭株主となる。
 取得額は50億円前後。ダスキンの全額出資子会社でダスキン株の約20%を持つダスキン共益(大阪市)から株式を譲り受ける。ダスキン共益は譲渡後も15%の株式を持つ筆頭株主にとどまるが、ダスキンの全額出資子会社のため親会社に経営を支配されている。三井物産はそれに次ぐ2位株主となり、ダスキンの経営に関与できる実質株主としては筆頭となる。役員の派遣も受け入れるとみられる。
 業務面でも提携し、ミスタードーナツ向けの食材納入やアジア展開を共同で進め、アイスクリームなど新外食チェーンの立ち上げ、今後成長が見込まれる中高年向けの介護品や食事などを提供する事業を検討する。
 ダスキンでは、02年から03年にかけて無認可添加物入りの肉まん販売が発覚したり、元会長が取引先に不明朗な資金を提供して逮捕されたりなど、不祥事が相次いでいる。また06年度には東京証券取引所第1部へ上場する計画で、経営の透明性を高めるため三井物産からの出資を仰ぐ。三井物産はライバル商社に比べ消費者向け事業で出遅れており、ダスキンの持つ一般家庭への販売網を利用することで外食市場に足がかりを築く。
posted by 為栗 裕雅 at 12:15| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ミスド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)