為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2019年12月16日

関西みらい銀、窓口営業時間の今後の方針

 関西みらい銀行の菅哲哉社長は新聞各社のインタビューに応じ、平日17時まで営業する店舗と、昼休みの導入店舗を拡大する方針を明らかにした。
 窓口の営業時間は、旧関西アーバン銀行の店舗では15時までのままとなっており、旧近畿大阪銀行の店舗とは近接した店でも営業時間が異なっていることがある。菅社長は「(17時までの営業を)できるだけ早く導入したい」と話し、エリアが近い店舗から閉店時刻を17時に揃える方針を示した。平日17時までの営業は、旧近畿大阪銀行では2015年からスタートし、現在110店舗で実施している。
 また、昼休みの導入は、旧近畿大阪銀行の8店舗で実施しているが、これを拡大して来年度中に計50店程度に増やす。昼休みの導入は、銀行業界で店舗網維持の「切り札」として広がっている。このほか、法人融資の担当部門を一部店舗に集約するエリア制を来年度上半期中に実施するなど、コストを削減しながら有人店舗網を維持していく方針。

昼休み(正午〜13時までの1時間)導入店舗
 総持寺・高槻南・寝屋川東・川西萩原・甲東園・武庫之荘・鳳駅前・恵我之荘の8出張所。キャッシュレス店舗の8店。
posted by 為栗 裕雅 at 07:59| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)