為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2019年08月16日

関西みらい銀、11月に2支店を移転

 関西みらい銀行は16日、支店2店舗を2019年11月に移転すると発表した。移転先はいずれも近隣の支店内で、システム統合後に行われると予測されていた店舗統廃合の第1弾となる。
 移転は11月11日(月)と18日(月)に1店ずつ行われる。移転するのは、名古屋中央支店(名古屋市中区)と岸和田支店(大阪府岸和田市)で、2件とも旧近畿大阪銀行の店舗が旧関西アーバン銀行の店舗に移転する形。
 名古屋中央支店は、入居するりそな名古屋ビルで再開発が予定されている。同じビルの1階に入居するりそな銀行名古屋支店が、すでに近隣への移転を発表している。一方、岸和田支店は、1936(昭和11)年に交野無尽金融岸和田支店として建築された建物を現役使用しており、老朽化が際立っていたとみられる。りそなグループでは、大正時代の歴史的建築を現役使用していた、埼玉りそな銀行川越支店の移転リニューアルが発表されたばかり。
 移転の概要は以下のとおり。いずれも電話番号や取引関係の変更はない。

名古屋中央支店 2019年11月11日(月)移転
 移転先:名古屋市中村区名駅4-5-28、桜通豊田ビル5階(名古屋支店内)
 現店舗での最終営業日:11月8日(金)
岸和田支店 2019年11月18日(月)移転
 移転先:岸和田市野田町1-3-21(岸和田駅前支店内)
 現店舗での最終営業日:11月15日(金)

20190816news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 22:29| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)