為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2019年01月15日

関西みらい、「合併に伴うお知らせ」を発表

 近畿大阪銀行と関西アーバン銀行(KU)は15日、本年4月1日に実行される両行の合併を前に「合併に伴うお知らせ」を発表した。
 両行は4月1日「関西みらい銀行」として業務を開始する。合併後も当面は旧行それぞれ別々のシステムで営業するが、旧KUについては2019年10月15日(火)にりそなグループ共通システムへの統合が行われる。旧銀行をまたいだ手続などはシステム統合まで不可能であるため、合併日以降、店舗入口やATM、合併後に発行する通帳等(通帳については旧KU店舗のみ)に識別マークを表示する。マークの意匠は、旧KUが青色の横長長方形、旧近畿大阪は緑色の円形。
 金融機関コードは近畿大阪銀のものを引き継ぎ「0159」となる。新銀行のスイフトコードも近畿大阪銀と同じ「OSABJPJS」となるが、旧KUについては、合併後も当面旧行のコード(KSBJJPJS)を使用し、2019年10月のシステム統合以降に新銀行のものに変更される。
 合併に伴い、KUはインターネットバンキングのサービスを2019年3月29日(金)24:00〜4月1日(月)09:00の間休止する。合併後は、三井住友銀行あての振込手数料を他行あて料金に変更すると同時に、りそなグループ3行(りそな・埼玉りそな・みなと)宛ての料金を無料化する。
 この他、KUでは、大垣共立銀行・三重銀行とのATM無料提携に続き、インターネット支店でのダイレクト定期預金の新規申し込み、ラウンジの提供などのアーバンプラチナクラブサービス、第二地方銀行を中心とした「入金ネット」の提携などが終了となる。
posted by 為栗 裕雅 at 14:42| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)