為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年08月18日

ダスキン、台湾にミスド進出

 ダスキンは17日、10月にミスタードーナツを台湾・台北市に初出店すると発表した。
 ミスドは既に、中国・タイ・フィリピンなどアジア太平洋地域で1421店を出店している。今回の台湾進出は、現地の流通業大手である統一超商(台北市)と合弁会社を設立、2008年度末までに100店舗を展開して年商約52億5000万円を目指すもの。
 両社は同日、店舗運営会社「統一多拿滋有限公司」の設立契約書を締結した。資本金は2億元(日本円約7億円)で両社が折半出資。まず04年度に台北市の繁華街や郊外に直営3店を開き、台湾各地でフランチャイズチェーン(FC)展開も進める。第1号店は2004年10月初旬に台北市中心部に出店予定で、日本の店舗と同様、約50種のドーナツを販売する。
 ダスキン広報室によると、台湾では消費市場において若者がトレンドリーダーとして影響力を持ち、食文化の面でも西洋式のスタイルが定着している。現地ではドーナツに似た揚げ菓子が屋台の飲茶メニューとして10〜20元(日本円30〜60円)で売られているが、30元(同100〜120円)という日本と同じ価格帯で販売しても、ミスドのスタイルがハイクオリティのブランドとして受け入れられると判断したという。
posted by 為栗 裕雅 at 00:20| 東京 ☔ | TrackBack(0) | ミスド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)