為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年07月31日

ミスド、ドーナツ揚げ油に異物混入

 ダスキンは31日、運営するミスタードーナツの店舗でドーナツを揚げる食用油にステンレスの微粉末が混入していることが判明し、加盟店にこの油の使用中止を要請したと発表した。
 油を製造したのは大手製油会社の「J・オイルミルズ」(本社・東京)。ダスキンによると、7月6日から26日に製造した揚げ油330トンに、0.1グラムのステンレス粉末が誤って入った。29日にJ社から連絡があった。
 J社では7月上旬に油の冷却かくはん機で不具合が起き、機械の摩耗で発生した粉末が製造過程で混入したらしい。ダスキンには234トンが納入され、うち95トンが全国の加盟店で使用された。30日に吹田保健所に届け出、J社製の油を使っている約1100店に対して油の回収を指示した。
 ダスキン広報室は「混入した粉末は微量で、ステンレス自体人体に影響を与えるものではないが、念のため使用を中止することにした」としている。J社は、ホーネンコーポレーションと味の素製油、吉原製油の3社が今月統合したもの。
posted by 為栗 裕雅 at 15:00| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ミスド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)