為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2005年05月14日

関東つくば・茨城銀、合併の諸事項を決定

 地方銀行の関東つくば銀行(本店茨城県土浦市)と、第二地方銀行の茨城銀行(同水戸市)は12日、合併新銀行の名称と、合併時期の半年延期などを決定して発表した。
 合併時期については、当初予定していた2006年1月から半年延期し、同年7月18日(三連休後の営業日)とした。合併直後から新銀行として本格スタートすべく、システムの統合日に合併期日を合わせてシステムトラブルを回避する。システムは現関東つくば銀(旧関東銀)のシステムに統合する。
 公募していた新銀行の名称は「ひたちの銀行」に決定した。現茨城県の旧国名「常陸国」から「ひたちの」を行名にしたもの。18001件5572種類の応募があり、「常陸野」など同音語を含めると616件だった。
 合併後は、両行の店舗145か店のうち、営業エリアが重複する30店程度を削減する方針。隣接する店舗等については、既に両行あわせて74か店で立地条件(顧客利便性)、建物の現況等の実査を行い統廃合を検討しているという。
 なお、ATMの相互無料開放と、両行間の振込手数料の同一行扱いは、2002年1月から実施している。
posted by 為栗 裕雅 at 01:06| 東京 ☁| 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)