為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2009年08月25日

第四銀、ATMでの記帳でも店名が漢字印字に

 第四銀行の通帳に記帳される店名印字で、これまで半角カタカナで印字されていたATMでの記帳が、一部漢字印字に変わっていることが25日確認された。
 同行での預金取引は、通帳に取引実行店名が記帳される。これまで、ATMでの店名記帳は半角カタカナでの印字で、窓口での記帳に限り漢字で印字されていた。今月23日、当「遊牧民の窓」の掲示板に「生体認証つきの新型ATMで通帳記帳を行った場合、漢字での印字になる」旨の報告が来訪者からあった。
 「為栗ニュース」主筆・為栗裕雅は、25日大宮支店(さいたま市大宮区)のATMで取引を行い、上記を確認した【図版】。同支店のATMは生体認証つきの新型(日立オムロン社製「リーダスAK-1」)が1台のみであり、あわせて報告のあった「旧来の機種では半角カナのまま」については確認できなかったが、これについても間違いないものとみられる。
 第四銀行の生体認証機能は2006年度上半期から始まり、りそなグループなどと同様の指認証型(指の静脈パターン)を採用している。

20090825news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 14:10| 東京 ☀| 第四 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)