為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2004年11月19日

紀陽銀と和歌山銀、来年度中に合併

 地方銀行の紀陽銀行(和歌山市)と第二地銀の和歌山銀行(同)が、来年度中に合併する方針を固めた。19日にも発表する。
 健全な銀行にも予防的に公的資金を注入できる金融機能強化法(公的資金新法)の適用申請も視野に入れている模様。申請があれば、金融庁は同法の枠組みで新銀行に初めて公的資金を注入することになる。
 和歌山銀はすでに公的資金の注入を受けて経営再建の途上だが、他行に比べて不良債権処理が遅れ気味だった。04年9月中間決算では、不良債権処理を大幅に進めるため最終損益が赤字となる公算が大きい。合併は紀陽銀による和歌山銀救済の意味合いがある。
 一方の紀陽銀行は、統合により和歌山県内で圧倒的なシェアを確保できる。
posted by 為栗 裕雅 at 08:44| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 金融一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)