為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2020年10月01日

みちのく銀、さらに15支店を統合へ

 みちのく銀行は30日、第四次経営強化計画の履行状況について報告を発表した。
 店舗については、これまでのフルバンキング店舗を「従来型店舗」ととらえ、2021年3月末時点で75拠点の従来型店舗は、2023年度末には60拠点程度まで減少する。これらの店舗統廃合は、支店内支店方式を引き続き採用する模様。
 同行は2021年1〜2月にかけ、青森県三沢市と岩手県で3支店を支店内支店とする。こうした統廃合の規模を15店上積みし、向こう2年で年間7〜8支店が支店内支店に変更されることを示したもの。
posted by 為栗 裕雅 at 18:20| 東京 ☁| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大垣共立銀、[東部市民センター]を廃止

 大垣共立銀行は30日、高蔵寺支店の店舗外ATMである春日井市東部市民センター出張所(愛知県春日井市)の稼働を終了した。ATMに併設されていた派出所(公金業務のみを行う窓口)も、同日をもって営業を終了した。
 拠点の廃止は、市民センター至近へのニュータウン支店出店に伴うもの。同支店は本年9月23日、高蔵寺支店ニュータウン特別出張所が移転のうえ支店昇格したもので、移転跡地には店舗外ATMの藤山台出張所(母店ニュータウン支店)が設置されている。

20201001news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 18:15| 東京 ☁| 大垣共立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)