為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2019年12月21日

関西みらい銀、窓口営業時間を大幅変更

 関西みらい銀行は20日、営業店における窓口の営業時間を大幅に変更することを発表した。実施は、2020年2月17日(月)から。
 内容は、大阪府・兵庫県・奈良県において、窓口営業時間を17時までに拡大することと、大阪府・兵庫県の9店舗で窓口営業時間に昼休みを設けることの2点が骨子。
 窓口営業時間の拡大は、大阪・兵庫・奈良の各府県に所在する旧関西アーバン銀行店舗について行われる。ただし、橋本支店五条プラザ出張所(奈良県五条市)については対象外とする。旧近畿大阪銀行の店舗は、すでに窓口営業時間を夕方5時までとしているが、営業時間を縮小しているキャッシュレス店舗8店舗は、従来どおり15時で窓口を閉める。
 昼休みは12:00〜13:00の1時間で、今回は大阪府・兵庫県に所在する9店(支店4店、プラザ出張所5店)で導入される。これらの9店では、前記の「17時まで営業」も同時に導入する。対象となるのは、石切・堺東・箕面中央・めふの各支店、春日出・河南・高槻日吉台・玉川橋・山本駅前の5プラザ出張所。ATMの稼働時間に変更はなく、窓口休業中もキャッシュコーナーは利用できる。
 これらにより、関西みらい銀行の大阪・兵庫・奈良の各府県に所在する店舗の窓口は、194店で09:00〜17:00の営業となる(昼休み導入店舗は12-13時休業)。今回は対象とならなかったが、京都府や滋賀県などに所在する店でも、いずれ窓口営業時間の延長が発表されるとみられる。

20191221news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 23:58| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)