為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2019年10月29日

みちのく銀、青森銀と包括的連携を検討

 みちのく銀行と青森銀行は28日、両行での包括的連携を検討すると発表した。
 発表によると、両行はATMの提携手数料を無料にする範囲を広げるほか、顧客企業を対象とした商談会の共同開催を増やすこと、経営効率化のため預金業務などの書類の書式を統一すること、バックオフィス業務の共同化などを検討する。
 両行の連携は、引き続き健全な競争関係を維持することが前提で、資本提携の予定はないとしている。
posted by 為栗 裕雅 at 00:41| 東京 ☁| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

関西みらい銀、システム統合を実施

 かねて予定されていた関西みらい銀行のシステム統合が、15日実施された。
 今回行われたシステム統合は、旧関西アーバン銀行の店舗で使われていたシステムを廃棄し、旧近畿大阪銀行店舗が使用しているりそなグループの共通システムに一本化するもの。今回のシステム統合により、取引の扱い店舗名がアーバン店の口座でも通帳に記帳されることとなった。
 アーバン店の普通預金と貯蓄預金の通帳は、アーバン店のATMに限り旧通帳も引き続き使用でき、旧通帳のフォーマットに合わせた形で扱い店舗名が漢字で記帳される。また、近畿大阪店口座の取引をアーバン店で実施した場合、これまで旧関西アーバン銀行の金融機関コードと店舗コードが記帳されていたが、今後は近畿大阪店と同様に店舗名が漢字で通帳に記帳される。
 大きなトラブルはみられなかったが、アーバン店のうち旧びわこ銀行で発行したキャッシュカードの一部で、通帳とカードを一緒に使用した取引ができなくなった模様。これについては、順次切り替えを行うとしている。

20191017news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 15:46| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

みちのく銀、札幌支店で昼休み導入

 みちのく銀行は11日、札幌支店(札幌市中央区)の窓口営業時間に昼休みを導入すると発表した。
 実施は2019年11月18日(月)から。窓口営業時間に休業を1時間(11:30〜12:30)挿入し、9時から11:30までと、12:30から15時までの営業とする。ATMの稼働時間(同行の標準稼働時間)は変更しない。
 みち銀の昼休み導入は、青森県内の戸山・大鰐・小泊の3支店に続くもの。県内店舗での昼休み設定時間は札幌支店とは異なる(12〜13時)。

20191012news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 10:00| 東京 ☔| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)