為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2019年01月26日

百十四銀、伊野支店を事実上統合

 百十四銀行は25日、伊野支店(高知県いの町)を移転すると発表した。移転先は近隣の高知支店(高知市)で、事実上の統廃合。
 移転の実施は2019年5月20日(月)で、現店舗での最終営業日は5月17日(金)。移転先は高知支店内(高知市本町3-3-36)。口座番号など取引関係の変更はないが、電話番号などは高知支店と同一になる。現在の伊野支店ATMコーナーは移転とともに営業を終了し、旧店舗の近隣地に新たに店舗外ATMが設置される予定。
 高知支店は現在新築建て替え中で、仮店舗で営業している。伊野支店の移転先として発表された高知支店の所在地が、現在の仮店舗ではなく元あった番地となっていることから、高知支店の新店舗落成(元位置復帰)も同日または近日中に行われるとみられる。

20190126news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 02:36| 東京 ☀| 百十四 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

みなと銀、鳴尾支店を移転

 みなと銀行は23日、鳴尾支店(兵庫県西宮市)を移転すると発表した。
 移転の実施は2019年秋。移転先は西宮市里中町3丁目(住居表示未定、阪神本線鳴尾駅東側高架下「武庫女ステーションキャンパス」内)。移転の詳細は決定次第告知するとしている。
 移転先の武庫女ステーションキャンパスは、武庫川女子大学(西宮市)の施設で、本年9月に完成の予定。鳴尾駅改札直結の高架下約700uに学外者も利用できる施設として整備され、カフェやレクチャールームが入居する。みなと銀は、大学施設内にある銀行として、営業時間外にロビーの一般開放や、学生専用カフェ「知るカフェ」の運営を行う予定。
posted by 為栗 裕雅 at 10:33| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

関西みらい、「合併に伴うお知らせ」を発表

 近畿大阪銀行と関西アーバン銀行(KU)は15日、本年4月1日に実行される両行の合併を前に「合併に伴うお知らせ」を発表した。
 両行は4月1日「関西みらい銀行」として業務を開始する。合併後も当面は旧行それぞれ別々のシステムで営業するが、旧KUについては2019年10月15日(火)にりそなグループ共通システムへの統合が行われる。旧銀行をまたいだ手続などはシステム統合まで不可能であるため、合併日以降、店舗入口やATM、合併後に発行する通帳等(通帳については旧KU店舗のみ)に識別マークを表示する。マークの意匠は、旧KUが青色の横長長方形、旧近畿大阪は緑色の円形。
 金融機関コードは近畿大阪銀のものを引き継ぎ「0159」となる。新銀行のスイフトコードも近畿大阪銀と同じ「OSABJPJS」となるが、旧KUについては、合併後も当面旧行のコード(KSBJJPJS)を使用し、2019年10月のシステム統合以降に新銀行のものに変更される。
 合併に伴い、KUはインターネットバンキングのサービスを2019年3月29日(金)24:00〜4月1日(月)09:00の間休止する。合併後は、三井住友銀行あての振込手数料を他行あて料金に変更すると同時に、りそなグループ3行(りそな・埼玉りそな・みなと)宛ての料金を無料化する。
 この他、KUでは、大垣共立銀行・三重銀行とのATM無料提携に続き、インターネット支店でのダイレクト定期預金の新規申し込み、ラウンジの提供などのアーバンプラチナクラブサービス、第二地方銀行を中心とした「入金ネット」の提携などが終了となる。
posted by 為栗 裕雅 at 14:42| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)