為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2018年06月24日

大垣共立銀、店舗外ATM1か所を廃止

 大垣共立銀行(OKB)は、可児支店の店舗外ATM[バロー今渡店](岐阜県可児市今渡)を廃止する。最終営業日は2018年6月30日(土)。
 廃止は入居する商業施設「バロー今渡店」が閉店するため。OKBとともに店舗外ATMを出店している東濃信用金庫も、同日付でATMを廃止する。
 岐阜県を中心にスーパーを運営するバローは、6月末で今渡店を閉店した後、7月11日頃に可児市下恵土に「下恵土店」をオープンする。新店は今渡店が移転して改称するものだが、OKBのATMが設置されるかは現在のところ明らかになっていない。なお、廃止となるバロー今渡店の近隣には、十六銀行が今渡支店を出店しており、OKBATMの近隣への新規出店も考えられる。

20180624news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 10:24| 東京 ☀| 大垣共立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

大垣共立銀、店舗外ATM3か所を改称

 大垣共立銀行(OKB)の店舗外ATMが3か所、改称されていることが、18〜19日にかけ明らかになった。
 改称されていたのは、[サークルK垂井東店](岐阜県垂井町)、[サークルK加茂山手店](岐阜県美濃加茂市)、[ファミリーマート神戸町横井店](岐阜県神戸町)の3か所。新しい名称は[垂井追分][美濃加茂山手][神戸横井]で、改称はここ数日の間に行われた模様。
 東海地区大手だったコンビニのサークルKとサンクスは、2016年9月に同業大手のファミリーマートに合併し、店舗は順次ファミリーマートに転換している。両チェーンの敷地内に店舗外ATMを設置してきたOKBは、転換に対応して店舗外ATM名称も変更してきた。
 今回のサークルK2店舗は、ユニー・ファミリーマートホールディングス公式サイト内の店舗検索によれば、現時点で「サークルK」のままとなっている。また、ファミリーマート神戸町横井店は、サークルK神戸町横井店から2017年3月に転換しており、OKBのATMもその頃に改称した。これらを総合すると、OKBの内部で、旧サークルKサンクス店舗にある店舗外ATMは、出張所名にコンビニ名を出さない方針に切り替えたとみられる。今回の改称で、OKBの店舗外ATMから「サークルK」「ファミリーマート」の名称は消滅した。

20180619news-1.jpg

(おことわり)OKBのATM3か所改称の件、記事を整理統合します。2018.06.19_10:39公開の「大垣共立銀、店舗外ATM2か所を改称」(http://s-news.seesaa.net/article/460072083.html)を廃止(削除)し、同日14:38公開の記事(この記事)の公開時刻を10:39に変更します。あわせて、文章の一部手直しを行いました。
posted by 為栗 裕雅 at 10:39| 東京 ☀| 大垣共立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

りそな銀、西宮支店を移転

 りそな銀行は15日、西宮支店(兵庫県西宮市)を移転すると発表した。
 移転の実施は2018年10月15日(月)。旧店舗での最終営業日は10月12日(金)で、当日は窓口が15時、ATMが17時で営業を終了する。移転先は西宮市田中町1-6(阪神電鉄西宮駅高架下商業施設「エビスタ西宮」2階)。電話番号は0798-22-3781のまま変更しない。
 移転は商業施設の増築工事が完成するため(「為栗ニュース」2017年10月17日既報)。
posted by 為栗 裕雅 at 16:51| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

関西みらい銀、システム統合は2019年10月

 近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併して2019年4月発足する関西みらい銀行は、新銀行におけるシステム統合の実施を、2019年10月15日(火)とする方針。6月5日に開催された、関西みらいフィナンシャルグループの2018年3月期決算説明会において、菅哲哉社長が明らかにした。
posted by 為栗 裕雅 at 08:48| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

みなと銀、鈴蘭台支店を移転

 みなと銀行は1日、鈴蘭台支店(神戸市北区)を移転すると発表した。
 移転の実施は、2018年9月25日(火)、現店舗での最終営業日は9月21日(金)となる。移転先は神戸市北区鈴蘭台北町1-9-1(神戸電鉄鈴蘭台駅前、再開発ビル「ベルスト」1・2階)。電話番号や取引関係の変更はない。
 移転は、建設中だった再開発ビルが落成するため。近隣で仮店舗営業している三井住友銀行鈴蘭台支店も、同日付で同じビルに移転(元位置に復帰)する。みなと銀の鈴蘭台支店は旧みどり銀行の店舗で、兵庫相互銀行時代から現在地で営業しているが、今回の移転は三井住友銀が親会社だった時代に決定したとみられる。
posted by 為栗 裕雅 at 00:04| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)