為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2018年03月30日

みちのく銀、大鰐・小泊で昼休み導入

 みちのく銀行は29日、今年7月に2支店で営業時間を短縮し、窓口営業に昼休みを導入すると発表した。
 営業時間を短縮して昼休みを導入するのは、大鰐支店(青森県南津軽郡大鰐町)と小泊支店(同北津軽郡中泊町)の2店。2018年7月2日(月)から、09:00〜15:00の窓口営業時間のうち、12:00〜13:00を休業する。店内設置のATMについては、営業時間(平日7-21時・休日8-19時)の変更はない。
 みち銀では昨年4月から戸山支店(青森市)で窓口営業の短縮(昼休み)を実施しており、今回の導入で実施店は3店舗となる。

20180330news-3.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:21| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく銀、新城・田名部を支店内支店化

 みちのく銀行は29日、今年9月に2支店を統合すると発表した。両店の統廃合は、近隣の別の店舗内に移転する「支店内支店」の形態で行われる。
 移転するのは、新城支店(青森市大字新城字平岡231-8)と田名部支店(むつ市柳町1-1-8)の2店。移転の実施は2018年9月18日(火)で、現店舗での営業終了は9月14日(金)。移転先はいずれも近隣の既存支店で、新城支店は石江支店(青森市大字石江字江渡8-2)、田名部支店はむつ支店(むつ市中央2-10-1)。支店が移転する形を採るため、顧客の口座番号など取引関係の変更はない。
 みち銀は2018年度から本部機構の改変を行い、2本部15部3室の体制となる。この改変では、店舗・ATMの新設・改廃等を一元的に担う部室として「店舗開発室」を新設。複数部室にまたがっていた店舗開発関連の業務を集約することにより、機動的な店舗戦略を進めていくという。

20180330news-2.jpg20180330news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 08:19| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく銀行で経営陣交代

 みちのく銀行は27日、代表権を持つ役員の異動を発表した。
 2018年6月27日付で、代表取締役頭取には現専務執行役員営業本部長の藤沢貴之氏(51)が新任される。現頭取の田邦洋氏は取締役会長となり、現会長の杉本康雄氏は相談役(非常勤)に退く。
 この役員異動は、今年6月27日に開催される株主総会の後、取締役会において正式決定される。

藤沢貴之(ふじさわ・たかゆき):1966年8月26日生、青森市出身、1990年3月千葉大学法経学部卒、入行。経営企画部長、古川支店長、人事部長を経て2015年4月執行役員営業本部長兼営業戦略部長、2016年6月常務執行役員、2017年4月専務執行役員営業本部長(現職)。
posted by 為栗 裕雅 at 08:10| 東京 ☀| みちのく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)