為栗ニュース ヘッドライン(最新の5件)

2019年08月30日

みなと銀、家島支店で昼休み導入

 みなと銀行は30日、家島支店(兵庫県姫路市)で、窓口の営業時間を変更すると発表した。
 実施は2019年10月1日(火)から。平日12:00〜13:00の1時間を休業し、09:00〜12:00・13:00〜15:00の営業とする。店舗内のATMについては、稼働時間の変更はない(平日09:00〜17:00、土日祝日休業)。
 家島支店のある家島は、瀬戸内海東部、たつの市の真南に位置する姫路市所属の島。
posted by 為栗 裕雅 at 12:24| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

関西みらい銀、11月に2支店を移転

 関西みらい銀行は16日、支店2店舗を2019年11月に移転すると発表した。移転先はいずれも近隣の支店内で、システム統合後に行われると予測されていた店舗統廃合の第1弾となる。
 移転は11月11日(月)と18日(月)に1店ずつ行われる。移転するのは、名古屋中央支店(名古屋市中区)と岸和田支店(大阪府岸和田市)で、2件とも旧近畿大阪銀行の店舗が旧関西アーバン銀行の店舗に移転する形。
 名古屋中央支店は、入居するりそな名古屋ビルで再開発が予定されている。同じビルの1階に入居するりそな銀行名古屋支店が、すでに近隣への移転を発表している。一方、岸和田支店は、1936(昭和11)年に交野無尽金融岸和田支店として建築された建物を現役使用しており、老朽化が際立っていたとみられる。りそなグループでは、大正時代の歴史的建築を現役使用していた、埼玉りそな銀行川越支店の移転リニューアルが発表されたばかり。
 移転の概要は以下のとおり。いずれも電話番号や取引関係の変更はない。

名古屋中央支店 2019年11月11日(月)移転
 移転先:名古屋市中村区名駅4-5-28、桜通豊田ビル5階(名古屋支店内)
 現店舗での最終営業日:11月8日(金)
岸和田支店 2019年11月18日(月)移転
 移転先:岸和田市野田町1-3-21(岸和田駅前支店内)
 現店舗での最終営業日:11月15日(金)

20190816news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 22:29| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

関西みらい銀、洲本市に店舗外ATM設置

 関西みらい銀行は15日、兵庫県洲本市に店舗外ATMを設置すると発表した。
 設置されるのは、淡路島支店洲本出張所。開設は2019年10月15日(火)、設置場所は兵庫県洲本市塩屋1-1-9(洲本南淡線沿い、みなと銀行洲本支店内)。全日08:00〜21:00の稼働。
 洲本市には、旧関西アーバン銀行の前身である関西さわやか銀行が、2002年8月まで洲本支店を置いていた。同支店の廃止後は、近隣の三井住友銀行洲本支店内に通帳記帳機のみ置き、旧洲本支店顧客への利便を図っていた。今回、旧アーバン店のシステム統合に伴い、同じグループのみなと銀の支店内に移転のうえ、店舗外ATMに切り替えてサービス向上を図る。
posted by 為栗 裕雅 at 21:56| 東京 ☁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百十四銀、桜町出張所を事実上統合

 百十四銀行は、田町支店桜町出張所(高松市)を移転する。移転先は母店の田町支店内で、事実上の統廃合。
 移転の実施は2019年9月24日(火)。移転先は高松市田町11-5、田町支店内。現在地での最終営業日は9月20日(金)となる。移転に伴う電話番号などの変更はなく、また口座番号など取引関係の変更もない。
 桜町出張所の移転跡には、個人客を対象に取扱業務を預金・為替業務や公共料金納付など一部に限定し、少人数で運営する「桜町クイックスクエア」を新たに設置する予定。営業開始は2019年10月28日(月)で、ATMも設置する。

20190815news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 21:53| 東京 ☁| 百十四 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

りそな銀、名古屋支店を移転

 りそな銀行は1日、名古屋支店(名古屋市中区)を移転すると発表した。
 移転の実施は2019年11月18日(月)、現所在地での営業終了は11月15日(金)15時(ATMは17時まで)となる。移転先は名古屋市中区錦2-14ー19(現店舗東100m、鹿島伏見ビル)。電話番号や取引関係などの変更はない。
 移転は入居する「りそな名古屋ビル」が再開発されるため。同ビル4階に入居している関西みらい銀行名古屋中央支店(旧近畿大阪店舗)も、近日移転するとみられる。

20190802news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 01:15| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

埼玉りそな銀、川越市2支店の移転を発表

 埼玉りそな銀行は31日、川越支店と川越南支店を移転すると発表した。
 移転の実施は2020年7月の予定で、移転日などの詳細については改めて告知するとしている。移転先は埼玉県川越市脇田本町8-1(東武東上線・JR川越線川越駅西口徒歩2分)。西口の市有地再開発に伴い建設される複合施設の2・4階に入居する。川越・川越南の2支店は、支店内支店方式での同居営業を行う。支店窓口を4階に、キャッシュコーナーと貸金庫および「セブンデイズプラザ」を2階に配置する。
 川越支店の建物は1918(大正7)年に建築されたもので、築100年を超えている。国の登録有形文化財としての歴史的価値を今後も維持すべく、川越駅西口から空中デッキで直結する利便性の高い施設へ移転する。あわせて、移転先近隣の川越南支店を事実上統合し、効率化を図る。

20190731news-2.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 00:06| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

埼玉りそな銀、川越支店を移転へ

 埼玉りそな銀行が、川越支店(埼玉県川越市)を来夏移転する方針であることが明らかとなった。川越支店の建物は大正時代に建てられた歴史的建築で、ルネサンス風の外観が特徴的な有形文化財。
 日本経済新聞(電子版)が30日伝えた。それによると、川越支店は2020年7月をメドに、JR川越駅西口に移転する。移転先は市有地で、川越市が再開発を進める複合商業施設の2フロアを借りる予定。新支店には、同駅西口にある川越南支店を支店内支店の形で同居させる。
 移転は、建物が老朽化し営業継続に多額の補修費用がかかるため。埼玉りそな銀行川越支店は、1918(大正7)年3月に落成した第八十五銀行(旧第八十五国立銀行)の本店。多くの観光客が訪れる旧市街地の一番街通りに立地し、1996年には埼玉県初となる国登録有形文化財に指定されている。現在も1日200人ほどが訪れる地域の中核店舗だが、近年は老朽化により補修費がかさんでいたという。
 建物は引き続き埼玉りそなが保全する方針。地域の観光スポットとして人気が高いため、地域振興に役立つ活用法を検討する。

20190731news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 10:33| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

関西みらい、花火芸術でATM休止

 関西みらい銀行は、8月1日(木)に大阪府富田林市で行われる花火大会、教祖祭PL花火芸術に伴い、近隣4店舗で同日のATM稼働時間を短縮する。
 時短が行われるのは、旧近畿大阪系の4店舗で、富田林支店・金剛東出張所・喜志支店・美原さつき野出張所。いずれも、通常平日22時までのATM稼働を、8月1日(木)に限り18時で終了する。
 教祖祭PL花火芸術は、富田林市に本拠を置く宗教法人、パーフェクトリバティー教団が主催する宗教行事としての花火大会。開催に伴うATMコーナーの臨時休止は、近畿大阪銀行時代から毎年行われてきた。
posted by 為栗 裕雅 at 23:07| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

関西みらい、システム統合の詳細を発表

 関西みらい銀行は22日、今年10月に予定される勘定系システムの統合について、詳細を発表した。
 システム統合の実施日は2019年10月15日(火)。現状、旧近畿大阪銀行(りそな共通システム)と旧関西アーバン銀行のシステムの2系統で運用しているが、旧アーバンのシステムを旧近畿大阪側に統合する。これにより、旧近畿大阪店舗で行われているりそなグループ共通のサービスが、旧アーバン店の利用者にも拡大されることになる。統合作業のため、2019年8月と10月に計4日間(2019年8月10日と10月12〜14日)、旧アーバン店のオンラインサービスが休止となる。
 通帳については、全面的に新通帳(普通預金・貯蓄預金はりそなグループの共通通帳)に切り替えとなる。旧アーバン店の通帳は、システム統合後も旧アーバン店のATMに限り利用できる。
 ATMの手数料優遇については、三井住友銀行との提携が、旧近畿大阪の口座にも拡大される。一方で、時間外(平日08:45〜18:00以外)のATM入金を有料化するほか、毎月25・26日の時間外手数料無料、ゆうちょ銀行・セブン銀行・イオン銀行の手数料優遇が撤廃される。代替措置として、旧アーバン店の口座(システム統合前に開設されたもの)は、2020年10月31日までの約1年間、りそなグループATM(みなと銀行を除く)での時間外手数料を無料化するほか、コンビニATMの提携手数料を月3回までキャッシュバックするサービスを実施する。
posted by 為栗 裕雅 at 12:32| 東京 🌁| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

みなと銀、鳴尾支店の移転は10月7日に

 みなと銀行は19日、かねて告知していた鳴尾支店(兵庫県西宮市)の移転を、2019年10月7日(月)とすると発表した。
 移転先は西宮市里中町3-13-18(阪神本線鳴尾駅東側高架下「武庫女ステーションキャンパス」内)。電話番号や取引関係の変更はない。
 新店舗は延床面積426.71u、ATMは3台を配備する。大学施設内にある銀行として、営業時間外にロビーの一般開放や、学生専用カフェ「知るカフェ」の運営を行う。

20190721news-1.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 06:36| 東京 ☀| りそな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
為栗ニュース ヘッドライン(最新の20件)